日本語は平坦で、英語はメリハリがあるイントネーション

口

英語の発音をする際に、こんな言葉を言われたことはありませんか?

 

英語はイントネーションで話す言語

 

これ分かっていてもなかなかうまく行かないですよね。

 

私の場合は、結構大げさに言っちゃってますが、相手にはどうきこえてるんでしょうね?

 

このイントネーション、日本語と英語とでは大違いというか、真逆なのはなんとなく感じ取っているかと思います。

 

日本語で話すときには、平坦で強弱も殆ど無くとても単調な言語です。

 

対して、英語は強弱のメリハリが強く大切な単語を強く、そうでない単語を弱く発音します。

 

そして、腹式呼吸で一気に息を吐き出しながら、リズムにのって軽快に話します。

 

日本語はずっと同じテンションで、同じ音量で平坦に話します。

 

この違いをよ〜く意識して英語の発音をするようになると、リスニングも上達します。

 

例えば下記の一言

Look straight at the camera.   カメラをまっすぐ見て〜

Look up the camera.   カメラをまっすぐ見上げて〜

 

これは入国審査で使われる1フレーズなのですが、まっすぐみて〜が正解です。

 

でも、どっちだっていいですよね!!

 

大切なのは顔写真を撮影すると言う行為です。

 

up と at は聞き取りにくいと言うか、さっぱり聞き取れないぐらい弱く発音する場所ですが、別に大きく意味が変わらないのでそれでいいんです。 

 

英語はそういう考えなんでしょう。

 

えいご はメリハリをつけて、大切なところは強く、そうでないところは弱く、リズムに乗って一気にたっぷりの息を吐き出しながら話すようにしてみてください。

 

大げさぐらいで丁度いいと思います。

 

最初は恥ずかしいですが・・・

Copyright(c) 2011 英語と日本語の違い All Rights Reserved.