英語の発音は腹式呼吸で

複式呼吸イメージ

「英語は腹式呼吸をマスターするとスピーキングがうまくなる。」なんて聞いたことはありませんか?

 

実は、これも英語と日本語の大きな違いの1つです。

 

英語は日本語よりも息をたっぷりと使って発音していると言われています。

 

特に子音を発音するときなどはそうだとています。

 

対して日本語は、喉を振動させて音を買えている言語だと言われています。

 

もちろん喉だけでなく、口の形や舌の位置などを無意識に調整しながら音を起用に出しているのですが、英語は基本的に全く違います。

 

良く聞く話を例に上げると、欧米の子供さんといっても幼児のレベルの子供さんだと思いますが、誕生日のケーキに付いているろうそくの火を息で吹き消せないと、お母さんに、そんなことじゃ言葉が話せるようにならないよ」なんて言われるそうです。

 

日本ではありえない光景ですね。

 

また、これは知人から聞いた話なのですが、英語学習者向けにネイティブに英語の録音をお願いしたときに、ゆっくりしゃべって欲しいとお願いしたところ、「ゆっくりはすごく疲れるんだ」と嫌がられたと言うエピソードを話してもらったことがあります。

 

これは、英語は息を一気に吐き出して勢いで話す言語なので、少しずつ息を出してゆっくりというのは疲れるって意味なんだそうです。

 

日本語だと早口のほうが疲れると思うのですが、本当に大きな違いだと思います。

 

こういうのは感覚なので、文字で読んでも分かりにくいと思います。

 

YouTubeなどで、実際に動画として英語スピーキングのレッスンを行っている人がいるので検索してみてみてください。

 

すぐに理解できると思います。

 

「英語 発音 腹式呼吸」

 

などで検索すれば、英語講師の動画がたくさん引っかかります。

 

 

Copyright(c) 2011 英語と日本語の違い All Rights Reserved.